須田畯一郎がオールアメリカセレクションズメダリオン・オブ・オナーを受賞

2005年に須田畯一郎(当時代表取締役専務)オールアメリカセレクションズメダリオン・オブ・オナーを受賞しました。
AASは、1932年にアメリカで発足した、花や野菜の優良新品種の選定や普及・育成者の権利保護を目的としている非営利機関で、アメリカ、カナダの一般 園芸愛好家に対し新しい花壇材料を紹介、普及する事を目的に活動しており、世界の主要な花種苗会社が競って新しい育成品を出品する園芸業界で最も権威のある業界団体です。オールアメリカセレクションズ「メダリオン・オブ・オナー」は、世界の園芸業界において大変名誉な賞と位置付けられており、野球の世界に例えれば"殿堂入り"に 匹敵する非常に価値のあるものです。1937年の第一回受賞から始まり、ジョージ・パーク氏、アーネスト・ベナリー氏、カール・ボール氏等の園芸業界の名 立たる方々が受賞されています。

当社 専務取締役・須田畯一郎が園芸界の"殿堂入り"に匹敵する名誉である2005年度AAS「メダリオン・オブ・オナー」を受賞